ホームページ制作・検索エンジン対策・デザイン全般・ポスティングまで、反響重視ハイクォリティーサービス

株式会社アドタイムのロゴ

株式会社アドタイム

1つのアイディアが未来を変える

Yahoo!リスティング広告正規代理店のロゴ, Googleリスティング広告正規代理店のロゴ
インターネット集客お悩み相談専用回線
  ホーム >   制作の流れ

ホームページ制作の流れ

ヒアリング・リサーチ

ヒアリングとリサーチでは、クライアント様の要望事項、ブランディング、企業戦略、運用体制、運用 するサーバーやインフラの仕様の調査、競合のホームページの分析などを行います。

ヒアリング・リサーチ

ヒアリング・リサーチの結果を企画書や仕様書にまとめ、クライアント様と目標のイメージを共有するために、仕様策定を行い、確認をとります。


情報アーキテクツ設計

仕様策定の次のプロセスである情報アーキテクツ設計とは、ホームページのツリー構造やディレクトリ構造、そしてページ間のリンク構造検討し、それが一目でわかるようなサイトマップやメニュー構成、SEO対策といった機能設計などを行います。

基本デザイン策定

情報アーキテクツ設計をクライアントと確認した後に、Webサイトのトップページおよびメインコンテンツ、そして全ページで共有するヘッダ・フッタ部分などの視覚要素をデザインする。また、ロゴ、マーク、アイコン、タイポグラフィーの使用ルールやカラーコーディネイト、レイアウトを制作します。

HTML・CSS設計

HTML・CSS設計は、基本デザイン策定とほぼ同時に行います。情報アーキテクツ設計で作られたディレクトリー構成を基に、ホームページの骨組みとなるHTMLを設計しその際に、ファイルやディレクトリの名前、HTMLタグの組み方のルールなど、基本となるガイドラインの作成を行います。その後に、ホームページの仕様やグラフィックデザインに合わせたCSS設計を行っていきます。

ユーザビリティテスト

基本デザイン策定、HTML・CSS設計が決まったところで実際にホームページをHTMLでつくり、モックアップサイトとして、ユーザビリティテストを行います。ここでインターフェースのわかりやすさや使いやすさ、HTML・CSS設計に問題がないかどうかを確認します。この段階で問題点がない状態にします。

量産作業

量産作業は、前プロセスで設計したホームページを実際に制作するプロセスとなります。設計したHTMLとCSS、基本デザインに基づいて作業が行われます。

ベータ版公開

全ページが完成したら一度、関係者にベータ版公開します。

デバッグ・校正

ID・パスワードでアクセス制限されたテストサーバ上で、クライアント様や制作チーム内外の限定者によるデバッグ・校正を行います。また再度ユーザビリティテストも行われ、最終的な問題点の洗い出しと、その対策を行います。

納品・運用開始

洗い出された問題点が解決した時点で、納品そして公開(運用開始)を行います。

新着情報

制作実績はこちら

成功実績

人気店対策はこちら

人気店対策

ポスティングはこちら

ポスティングはこちら

Copyright (C) 2007–2017 ADTIME.Inc All Rights Reserved.