【チラシ×WEB集客のプロ】総合広告代理店のアドタイム

ご相談・お見積もりも全て無料!!

ポスティング
受付時間:9:00〜18:00(日祝を除く)
WEB集客
受付時間:9:00〜19:00(土日祝を除く)

アドコラム

【初心者向けに解説】コンテンツSEOとは?手順やコツなど検索上位が狙えるテクニックを完全網羅

SEOは専門的な知識が必要なため、挫折する初心者も珍しくありません。しかし、しっかりとした手順やコツを押さえれば、初心者でも上位表示されるコンテンツ作りは可能です。

今回はコンテンツSEOの基礎を初心者向けに解説。実際にプロが行っている「上位表示される記事を書くテクニック」も特別に公開します。

このようなお悩みがある方にオススメの記事です

  1. コンテンツSEOを基礎から学びたい人
  2. 上位表示される記事が書きたい人
  3. WEBサイト運営に対してひとつでも悩みがある人

この記事の目次

コンテンツSEOとは?コンテンツマーケティングとの違い

コンテンツSEOとは?コンテンツマーケティングとの違い

「コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違いって?」と悩む人は多いのではないでしょうか。

似た言葉で混合しがちですが、両者は全く別の意味なので注意しましょう。ここではコンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違いを解説します。

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOは、質の良いコンテンツを定期的に発信し、検索上位に表示させ集客を狙うテクニックです。コンテンツは上位表示されなければ、ユーザーの目には止まりません。

そのためユーザーと検索エンジンから高い評価を獲得する必要があります。コンテンツの評価を上げるためにも、ユーザーに役立つ情報を発信しましょう。

さらにコンテンツをアップした後、放置するのはNGです。内容によっては、情報が古くなる可能性もあります。定期的に情報の追加やリライトを行い、コンテンツの質を高めることが重要です。

【豆知識】「コンテンツマーケティング」との違いについて

コンテンツSEOに似た言葉に、「コンテンツマーケティング」があります。ニュアンスは似ていますが、意味は全く異なるので注意しましょう。

コンテンツマーケティングは、ユーザーに有益な情報を提供して利益に繋げ、最終的にファンになってもらうのが目的です。

ポイントは「価値のあるコンテンツの発信」・「顧客の育成」・「ファン化」の3つ。すでに興味を持っている顧客をターゲットにするのではなく、「潜在層」にまでアプローチするのが目的です。

アドタイムスタッフ

アドタイムスタッフ

コンテンツSEOをすると何故検索上位が狙えるの?

コンテンツSEOをすると何故検索上位が狙えるの?

検索上位を狙うために、「コンテンツSEOが必要」と言われても、「何故?」と疑問が浮かびますよね。

そもそも何故コンテンツSEOが重視されるようになったのでしょうか。ここではコンテンツSEOが重視される背景と、評価されるポイントを見ていきます。

ブラックハットSEOが問題になったから

過去には様々なテクニックで順位を上げるテクニックが横行していました。その一つが、「ブラックハットSEO」です。

ブラックハットSEOは被リンクの大量設置やコピーコンテンツ・隠しリンク・キーワードを無駄に羅列するなどの方法が該当します。キーワードを詰め込むことで、検索上位に上げようとする手法ですね。

数年前までは、ブラックハットSEOが横行し、質の低いコンテンツでも上位表示ができていました。しかしそれではユーザーフレンドリーではありませんよね。

そのためGoogleはアルゴリズムを改訂し、本当に価値のあるコンテンツしか上位表示されなくなりました。

ペンギンアップデートが採用されたから

ペンギンアップデートとは、不正行為を排除し、質の悪いコンテンツの順位は下げる目的で採用されたアルゴリズムです。

そのため現在では、「有料リンク」や「隠しリンクや無関係なリンク」・「ミラーサイト」など悪質と判断されたサイトは検索上位には上がりません。

パンダアップデートが採用されたから

2012年に採用されたパンダアップデートにより、「古いコンテンツ」や「信ぴょう性の低いコンテンツ」「コピーコンテンツ」は上位表示されなくなりました。そのため検索上位に上げるためには、より高品質なコンテンツが求められています。

Googleの精度が向上したため

Googleの精度が向上したため

Googleのアルゴリズムは年々上がっています。そのためブラックハットSEOのような低品質なコンテンツは減りつつあるでしょう。

しかしキーワードや被リンクの必要性はまだまだ重視されています。問題は「適切に行うこと」であり、むやみやらたな被リンクやキーワードの詰め込みは評価されません。

あくまでもユーザー目線に立ち、質の良いコンテンツを発信し続ければ、自然と順位は上がっていきます。

高品質なコンテンツを作成してもGoogleから評価されない?!その理由とは?

「コンテンツ内容には自信があるのに、順位がイマイチ…」といった悩みはありませんか。実は検索意図に沿わないコンテンツはいくら高品質で検索上位にはなれません。

毎回変わっていくGoogleのアルゴリズムに対応するには、Googleの理念を理解しておきましょう。

Googleは「コンテンツの専門性、権威性、信頼性」など200項目を越える基準で、品質を判断しています。

最近では「検索エンジン最適化」よりも、「検索体験最適化」が重視されつつあります。ポイントはまず、「ユーザー目線で考え、検索意図を把握すること」です。ユーザーにとって役立つ記事であるかを常に考えながら、コンテンツ作成を行いましょう。

コンテンツSEOのメリット・7つ

コンテンツSEOのメリット・7つ

「コンテンツSEOを取り入れると、どんなメリットがあるの?」と気になりますよね。実はコンテンツSEOを極めると、サイトにとってよいことがたくさんあります。ここではコンテンツSEOのメリットを7つ見ていきましょう。

コンテンツSEOのメリット①|検索上位になれば大きな集客が見込める

コンテンツSEOのメリットは、検索上位になれば大きな集客が見込める点です。世の中に宣伝方法はたくさんありますよね。

テレビや雑誌・ラジオなど様々です。しかしメディアを使った宣伝方法は、一時的には伸びるものの、その後緩やかに下がっていきます。

一方、検索エンジンの上位に表示され続けると、多くのユーザーが目にします。そのため長期的な集客に繋がりやすいのです。

コンテンツSEOのメリット②|Googleのアップデートに強い

コンテンツSEOはGoogleが定期的に行っているアップデートに強い傾向にあります。小手先のテクニックでは、アップデートの影響を受けてしまい、あっという間に圏外に飛ばされてしまう…なんて事態も珍しくありません。

コンテンツSEOは最初から「ユーザーにとって価値のあるコンテンツ」として作られているため、アップデートの影響をあまり受けないのです。

コンテンツSEOのメリット③|コンテンツは財産になる

作成したコンテンツは削除しない限り、半永久的にネット上に残り続けます。定期的に内容の更新をする必要はありますが、会社にとって大きな財産となるでしょう。

さらに検索上位になるページをいくつか持っておくと、問い合わせや営業の窓口としても役立ちます。良質なコンテンツを増やせばサイトの評価も高まるため、順位によりよい影響があるでしょう。

コンテンツSEOのメリット④|既存顧客はもちろん、潜在顧客へのアプローチもできる

既存顧客はもちろん、潜在顧客へのアプローチもできる

コンテンツが検索上位になると、自然と目立つようになります。そのため「将来的に顧客となる可能性のあるユーザー(潜在顧客)」に対してもアピール可能です。

コンテンツが多くの人に読まれるようになれば、ユーザーは「発信元」にも興味を持つようになるでしょう。コンテンツSEOを接点として自社のファンが増える可能性もあるのです。

コンテンツSEOのメリット⑤|SNSのシェアが伸びる可能性もある

今やSNSも大切な情報源です。高品質で役立つコンテンツを発見した場合、ユーザーは必ず誰かに広めたくなるでしょう。

そのためSNSでシェアされる機会が増えると考えられます。SNS(ソーシャルネットワークサービス)のユーザー数は全世界で42億人を突破するほどの巨大なマーケットです。宣伝効果は抜群でしょう。

コンテンツSEOのメリット⑥|営業資料や提案書の代わりにもなる

良質なコンテンツは信頼感もあります。そのためユーザーへのアプローチはもちろん、営業資料や提案書の代わりとしても利用できるでしょう。また営業担当がイチから資料を作る手間が省けるため、仕事の効率も上がります。

さらに自社コンテンツが検索上位に表示されているとなれば、取引先からの信頼も上がるでしょう。

コンテンツSEOのメリット⑦|リピーターも獲得できる

頑張って検索上位に表示されても、コンテンツ内容が微妙だとユーザーはすぐに離脱してしまいます。そして二度と訪問しない可能性も…。

ユーザーにとって「役に立つ」と感じるコンテンツであれば、リピートが期待できます。ブックマークされ、何度も訪問する可能性があるでしょう。質の高いコンテンツ作りは、検索上位に表示されるだけでなく、ファン獲得も期待できるのです。

コンテンツSEOのデメリット・4つ

コンテンツSEOのデメリット・4つ

コンテンツSEOにはメリットがたくさんありますが、デメリットも存在します。デメリットを知ることで、コンテンツSEOをより深く知ることができるでしょう。主なデメリットは以下の4つです。

コンテンツSEOのデメリット①|効果を感じるまでに時間がかかる

コンテンツSEOで注意したい点は、時間がかかることです。どうしてもメディアやリスティング広告と違い、効果が出るまで時間も手間もかかります。理由に主に二つです。

まず検索エンジンの評価が定着するまでに時間がかかる点です。サイトが公開されたら、クローラーが巡回にやってきます。クローラーがある程度サイトの情報を収拾し、インデックスが集まって初めて順位が確定するのです。

インデックスされるまでには、数週間から数カ月かかるため、急いでアピールしたい人には不向きといえるでしょう。

コンテンツSEOのデメリット②|最初からうまくいくのは難しい

最初の頃はどうしてもコンテンツが少なく、アピールできる場所が少なめです。SEO対策では、1つでも多くのページを上位表示できたほうが、圧倒的に有利です。

そのためコンテンツが少ない状態では、どうしてもアクセスが集まらず、効果を感じにくい点がネック。コツコツと積み上げていく努力も必要です。

コンテンツSEOのデメリット③|継続的な見直しや改善が必要

継続的な見直しや改善が必要

コンテンツを公開して終わりにするのはNGです。競合サイトも日々、様々なコンテンツを生み出しているため、こちらも工夫をせねばなりません。いくら良質なコンテンツを生み出したとしても、放置していれば順位はどんどん降下の一途でしょう。

そのため作ったコンテンツは改善を行い、内容を更新しましょう。具体的には、上位サイトを参考に情報を追加する、最新情報に更新するなどがあります。長期的なコンテンツ管理には人手も必要です。社内体制も整えられるとなおよいでしょう。

コンテンツSEOのデメリット④|外注した場合、高額な費用がかかる

コンテンツを自社で作るのが難しい場合、外部へ委託することになります。もしプロへ依頼するのであれば、それなりの予算を組む必要があるでしょう。

コンテンツのクオリティを上げようとすると、どうしても高度な知識や能力を備えた人材が必要です。費用は委託先によって様々ですが、支払うのが難しい企業も少なくありません。

コンテンツSEOの方法は?7つの手順をわかりやすく説明

コンテンツSEOの方法は?7つの手順をわかりやすく説明

「コンテンツSEOの違いは分かったけど、具体的な方法が知りたい」といった人のために、以下で手順を解説します。難しいイメージですが、内容を知れば誰にも可能です。ここでは具体的な手順を見ていきましょう。

コンテンツSEOの手順①|目的や目標を明確にする

まずはコンテンツSEOを行いたい理由や目的を明確にしましょう。「自社の知名度アップのため」「商品を売るため」など何でも構いません。目的を定めると、必要とするコンテンツが見えてきます。

さらにKPI(重要業績評価指標)を設定するのもおすすめ。企業としての方向性が統一され、効果測定もしやすくなります。

コンテンツSEOの手順②|ペルソナとなる人物像や悩みを明確にする

検索キーワードを決めたら、ペルソナ設定に入りましょう。どのような人に向けたサイトなのかを明確にします。ペルソナはなるべく細かく設定したほうがよく、主に以下の点を検討します。

  1. 年齢層
  2. 性別
  3. 職業
  4. 居住地
  5. 趣味

などです。
併せて何故サイト検索を行ったのか、その背景についても設定します。ターゲットを明確にすることで、作るべきコンテンツがはっきりと見えてきます。

コンテンツSEOの手順③|検索キーワードを設定する

アクセスを獲得するには、検索キーワードの選び方がポイントです。イメージできる関連キーワードをいくつか集め、さらに検索順位を狙いたいものを決めます。

1つのコンテンツを1つのキーワードと絞り込む必要はなく、複数のキーワードを組み合わせる方法もおすすめです。またキーワードによっては、単体では検索順位が狙いにくいことも。

特にビッグワードを使う際はいきなり狙わず、複数のキーワード(スモールキーワード)を組み合わせるとよいでしょう。最初は競合の少ないキーワードから攻めていきます。

コンテンツSEOの手順④|ユーザー目線に立って分析する

ユーザー目線に立って分析する

コンテンツSEOの目標は、顧客を獲得し、売り上げを得ることです。そのため目的に遭ったコンテンツを用意しないと、上手くいきません。

「どんなコンテンツがベストかな?」と思ったら、ユーザー目線に立って考えてみましょう。例えば洋服を扱うのであれば、ターゲットが若者かシニアかによっても、サイトのイメージは変わってきます。また競合サイトを参考にするのもよいでしょう。

コンテンツSEOの手順⑤|コンテンツを作成する

テーマやペルソナが決まったら、内容に沿った記事を執筆します。キーワードは必ずタイトルや見出しに含め、ペルソナ課題を解決できる記事を書きましょう。

ポイントはユーザーフレンドリーであることです。ユーザーの悩みを具体的に知りたいと思ったら、SNSやヤフー知恵袋などを参考にするのもおすすめです。

ただし無理にキーワードを詰め込んだり、関係のないサイトを貼ったりなどの行為はやめましょう。

Googleのアルゴリズムに引かかってしまい、検査順位がつかない可能性があります。あくまでも内容が正しく、専門性の高い記事を執筆すれば、検索エンジンからの評価も高まるでしょう。

コンテンツSEOの手順⑥|公開したコンテンツをよく検証する

公開したコンテンツは放置せず、しっかりと検証しましょう。効果測定には、Google Search ConsoleやGoogle Analyticsなどの分析ツールが便利です。

つい検索順位に気をとられがちですが、離脱率やサイト滞在時間などのチェックも忘れずに行いましょう。

コンテンツ公開後、3ヶ月以上も順位が上がってこない場合は、内容の見直しが必要です。一時的に記事が上位表示されても、放置はNG。定期的に改善を行い、順位をキープしましょう。

コンテンツSEOの手順⑦|新しいコンテンツを生み出し続ける

良質なコンテンツがたくさんあるサイトでも、読み尽くしてしまえばユーザーは飽きてしまいます。そのため新しいコンテンツを定期的に掲載し、目新しさをキープしましょう。

コンテンツSEOはコンテンツを量産して結果に繋げる方法です。様々なバリエーションの記事をアップし、多方面からユーザーを呼び込みましょう。

ペルソナの設定方法は?

ペルソナの設定方法は?

コンテンツSEOにはペルソナの設定が必要不可欠です。しかし「どうやって考えればいいの」と悩みますよね。

確かにいきなり「ターゲットを想像しろ」と言われても難しいかもしれません。ここではコンテンツSEOに不可欠なペルソナの設定方法を、順を追って解説します。

ペルソナ設定の手順①|簡易的なペルソナを作る

まず自社の商品を利用する人を想像してみましょう。今回はアパレルサイトのペルソナを例に挙げてみます。

~自社商品の特徴~

  1. 40代~60代の女性向け
  2. 落ち着いたデザインが多い
  3. 価格は3万円~5万円程度
  4. オフィスはもちろん、普段着など幅広く着て欲しいと考えている

まずは自社商品の特徴を挙げ、次に服を来て欲しいと考えている人物(ペルソナ)をざっくりと考えます。始めの段階では、細かく作り込む必要はありません。

~簡易ペルソナ~

  1. 40代~60代
  2. 女性
  3. 港区や麻布に住んでいる
  4. 専業主婦もしくはキャリアウーマン
  5. 年収800万円以上

上記のように簡単なペルソナを設定しておくと、後々ズレがあった場合でも、簡単に修正できます。

ペルソナ設定の手順②|情報収集を行う

情報収集を行う

簡単なペルソナが決まったら、情報集めをしましょう。ペルソナはあくまでも社内で考えたイメージでしかありません。

そのため現実のユーザーとズレがないかを検証します。情報収集の方法はなんでも構いませんが、実際にユーザーの声を聞いてみるのがおすすめ。

アンケートを取ったり、インタビューをしたりするなど、様々な方法を試しましょう。既存ユーザーの情報を参考にしてもOKです。さらにSNSや競合のリサーチなどもチェックするとよいでしょう。

ペルソナ設定の手順③|ペルソナを具体化する

ペルソナの簡易設定や情報集めが終わったら、さらに具体化していきます。まずは当初考えたペルソナと実際のユーザーが違う場合は、変更しましょう。

例えば「3万円以上の服を買うのは、年収が800万円くらいの人だと思っていたけど、実際は年収500万円くらいでもよく買っている」といった事実が判明したとします。

その場合は、ペルソナを年収800万円から500万円に変更しましょう。当初のイメージに実際の情報を加えていくと、ペルソナがより具体的になります。

ペルソナ設定の手順④|ペルソナは定期的に見直し・改善を行う

ペルソナは一度設定して終わりではありません。実際に運用をしながら、日々見直しや改善が必要です。

ユーザーを取り巻く環境や世間の動きは常に変化します。ペルソナと顧客にズレを感じたら、修正を行いましょう。

注意!こんなサイトはコンテンツSEOとの相性が悪い

注意!こんなサイトはコンテンツSEOとの相性が悪い

サイトの状況によってはコンテンツSEOとの相性が悪い可能性もあります。自社サイトが当てはまっていないかチェックしてみましょう。

自社での更新作業が困難

操作が比較的簡単なCMSを使えば、専門知識がなくてもホームページが更新できます。しかしホームページの仕様が古かったり、HTMLを駆使したりする必要がある場合は、更新に手間がかかる可能性が。時には画像のサイズを揃えるだけで、何時間もかかってしまうことも…。

スムーズなコンテンツの追加や修正ができないホームページは、作業効率が悪い上、集客力もダウンします。また長期的に見ると、かなりの機会損失に繋がる危険性も…。せっかくホームページがあっても、これではもったいないですよね。

なるべく早くサイト改善を行うのが正解です。もし「担当者がいない」「専門知識がない」と悩んだら、プロへの依頼も検討しましょう。

制作会社が動いてくれない

更新作業が自社でできず、代理店にまかせている場合も注意が必要です。ホームページ制作会社によっては、すぐに対応してくれない可能性があります。コンテンツSEOをやる上で不利になるため注意しましょう。

もし「制作会社がなかなか対応してくれない」と悩んだら、代理店を変えてみるのもひとつの方法です。

作業費用が高く、コストがかかる

制作会社によってはページの修正や更新毎に費用がかかる可能性もあります。全て任せていると、莫大な金額となり、コストがかかってしまうことも…。

特にコンテンツSEOでは記事を定期的に追加していくため、時間と共に費用はかさみます。もし「コスパが悪い」と感じたら、広告代理店を変えてみるのもよいでしょう。会社によって費用に大きな差があるため、相見積もりを取ってみるのがおすすめです。

【マル秘】コンテンツSEOのライティング方法を大公開

【マル秘】コンテンツSEOのライティング方法を大公開

「SEOに強い記事ってどうやって作るの?」「ネタもないし…」などの悩みはありませんか。コンテンツを作る作業は難しそうに感じますが、少しの慣れとコツで誰にでも簡単に書けます。ここでは初心者向けにコンテンツSEOのポイントや、作り方を解説します。

ユーザー目線に立って考えてみる

コンテンツは「ユーザーのためのもの」と心得ましょう。自分がいくら「○○が書きたい」と思っても、ユーザーにとって価値のない情報であれば、意味がありません。

ターゲットの性別や年齢、職業・居住地・趣味・特技・休日の過ごし方など、イメージを膨らませてみましょう。

ペルソナが具体的になるほどに、検索意図が見えてきます。
ユーザーの気持ちがイメージできたら、設定したキーワードが、実際にどのくらい検索されているかをチェックします。チェックはGoogleのキーワードプランナーが便利です。

ユーザーの悩みを解決するコンテンツを作る

ユーザーは何かしらの悩みを持ってサイトを訪れます。そのため一発で疑問や悩みを解決できるコンテンツがベストです。

情報が中途半端だと、ユーザーは様々なサイト探し回る必要があり、時間も労力もかかります。

ユーザーの疑問を全て網羅し、「このサイトに来れば疑問が全て解決する」といったレベルにまで質を上げましょう。他のページの閲覧やリピートにも繋がりますよ。

ユーザーの興味を引く見出しを作る

単純に文字の羅列をするだけでは、ユーザーは読みにくく、疲れてしまいます。そのため見出しの作成は必ず行いましょう。文章を見出しで区切ると、メリハリができ、一気に読みやすくなります。

また見出しを作る際は、狙ったキーワードを積極的に盛り込むことも忘れずに。SEOの観点からも非常に有利になります。

共起語を意識し、積極的に盛り込む

共起語を意識し、積極的に盛り込む

共起語とはひとつのキーワードを挙げた時に、一緒にイメージされる言葉をいいます。例えば、「学校」というワードを見てみましょう。

関連キーワードとして、教育や校則・先生・生徒・文部科学省などが思い浮かびますよね。

実際、上位表示されるサイトには共起語が盛り込まれています。無料ツールで簡単に調べられるので、積極的に使いましょう。

いきなり共起語から文章を作るのは難しいので、一通り書き終えた後に追加していく方法がおすすめです。

独自性を出し、競合との差別化を図る

クローラーがコンテンツを評価する際、「独自性」が重視されます。これは競合との差別化やコンテンツの重複チェックなども含むため注意しましょう。

独自性とは、いわばオリジナリティを指します。他サイトを参考に文章を書くことは問題ありませんが、自分の意見を組み込むなどして、オリジナル感を出しましょう。

淡々と説明する文章よりも、書き手のキャラクターが見えたほうが、ユーザーは安心します。

しかしサイトのカラーによっては主観が不要な場合もあるため、臨機応変に対応してください。

専門性を出す

専門性を出す

専門性はコンテンツに独自性を与えることはもちろん、信ぴょう性を高める上でも重要です。例えば「○○監修」など専門家の名前が入っている記事は、信頼性が高いとして評価されます。

特に医療関係や金融関係の記事を書く場合、最後に医師や有資格者のコメントや写真があるだけで随分と印象も変わってきます。

中学生でも分かる丁寧な文章を書く

ホームページを訪問するユーザーのほとんどが、情報を求めている初心者です。そのため文章に難しい専門用語が並んでいれば、たちまち離脱してしまうでしょう。読むことが苦痛になるためです。

文章は中学生でも理解できるよう、なるべく噛み砕いた丁寧な言葉を使いましょう。例えは「検索上位を目指すにはSEOが重要です」といった言葉があるとします。

ネット初心者に「SEO」といきなり言っても、意味が理解できません。しかし「検索上位を目指すにはSEOが重要です。SEOとは~」と解説を入れたらどうでしょうか。

一気に意味が理解できます。書き手は分かっていても、読み手が分かるとは限りません。特に専門的な知識を書く場合は注意しましょう。

音声検索に対応できる文章を書く

音声検索に対応できる文章を書く

近年、スマートスピーカーやGoogleアシスタント・Siri・Alexaなどの普及が拡大し、音声検索の需要が高まっています。

音声検索で記事をヒットさせるには、検索上位のコンテンツはもちろん、Googleが理解しやすい短文で纏められた文書がよいといわれています。

そのため文章は長すぎず、なるべく短くまとめましょう。目安は一文70文字以内です。何行にも連なる長い文章は、読んでいるユーザーも疲れさせ、離脱の原因となります。

キーワードは自然に含める

設定するキーワードが入っていないと、そもそも検索に引っかからない可能性が。そのためキーワードをほどよく記事内に散りばめましょう。

キーワードは本文だけでなく、タイトルや見出し・メタディスクリプションなどに含めます。ただしやりすぎは逆効果です。例えば「○○(キーワード)を実践すれば、こういった○○の効果が得られ、○○のメリットを感じるでしょう」など不自然な言い回しはNG。

また関係のない箇所に無理にキーワードを挟み込むのもやめましょう。あくまでもユーザーが自然に気持ちよく読み進められるバランスを考えます。過剰なキーワードの埋め込みは、コピペ率が上がり、ペナルティの対象となります。

文字数に明確な決まりはない

記事を書くにあたり、「○○文字以上書けば上位に表示される」といった決まりはありません。コンテンツは文字数だけを意識するのではなく、専門性や信ぴょう性・オリジナリティを出しましょう。

無駄に長い文章よりも、密度の高い文章が上位表示されやすくなります。一般的なコンテンツは、内容によって異なりますが3,000文字~5,000文字のボリュームが多いです。

コンテンツSEOを実践してWEB集客力を高めたいならアドタイムへ

  1. コンテンツSEOがうまくいかない…
  2. コンテンツSEOは何から始めたらいいの?

などSEOに関する悩みは尽きませんよね。専門知識がないと、自力でやるにも限界があります。もし「コンテンツSEOを実践してWEB集客力を高めたい」と思ったら、アドタイムへご相談ください。

コンテンツSEOを実践してWEB集客力を高めたいならアドタイムへ

当社の自慢は、SEOやWEB集客に特化したプロが数多く在籍している点。各方面の専門家が、お客様の悩みを丁寧にお伺いし、ベストなアプローチ方法を考えます。

当社は全国からご依頼を頂いており、実績はすでに3,000件越え!「アクセスが増えた」「初めての問い合わせが来た」など様々な嬉しい声が届いております。

お客様の声は当ホームページで随時公開しているので、そちらも是非ご覧ください。お客様の「ありがとう」が私たちの力になります。

また当社ではSEOやリスティング広告だけでなく、ポスティングにも力を入れております。そのため「WEB媒体で全国へ宣伝」「ポスティングで近隣住民へアピール」といったダブル使いもOK。より効果的なアプローチが期待できます。

相談や見積もりはもちろん無料。お客様に満足頂ける結果を、これからも出し続けます。どんな事でもお気軽にお問い合わせください。

おススメ!関連するコラム