【チラシ×WEB集客のプロ】総合広告代理店のアドタイム

ご相談・お見積もりも全て無料!!

ポスティング
受付時間:9:00〜18:00(日祝を除く)
WEB集客
受付時間:9:00〜19:00(土日祝を除く)

アドコラム

SEOで効果抜群の最適なタイトル(titleタグ)の付け方は?そのコツと方法を事例とともに解説

コンテンツを作る際に誰もがぶつかる壁…タイトル付けですよね!タイトルはいわば本の表紙。適当に付けてしまうと、アクセス数に影響するかもしれません。そこで今回はユーザーの心を掴むタイトルの付け方を徹底レクチャー!誰でもできる簡単な方法も特別に公開します。

このようなお悩みがある方にオススメの記事です

  1. コンテンツには自信があるのにアクセスが伸びない
  2. いいタイトルが思い浮かばない…自分ってセンスないかも!?
  3. ユーザーの目を引く、魅力的なタイトルの付け方が知りたい

この記事の目次

タイトル(titleタグ)とは?基本から解説

タイトル(titleタグ)とは?基本から解説

タイトルとは、ページ内の内容を表す短いテキストを差します。下記画像の赤で囲んだ部分がタイトルです。

記事のタイトル

タイトル(titleタグ)とは?基本から解説

本でいう表紙やタイトルとイメージすれば分かりやすいでしょう。ユーザーはタイトルを見て、「記事を読むか読まないか」を直感的に判断します。

そのためクリックされる記事にするためにも、タイトルの付け方は非常に重要です。タイトルは検索画面のほか、SNSに記事がシェアされた際にも表示されます。

SEO対策でタイトル(titleタグ)が重要な理由・3つ

SEO対策でタイトル(titleタグ)が重要な理由・3つ

「コンテンツは内容が重要なのでは?」と考える人も多いかもしれませんね。しかし意外にもほとんどのユーザーはタイトルを見て、中身を読むかを判断しているのです。ここではSEO対策でタイトル(titleタグ)が重要な理由を3つ見ていきましょう。

タイトル(titleタグ)が重要な理由①|内部施策について評価される基準になるから

意外に思うかもしれませんが、タイトル(titleタグ)は検索順位に大きな影響を与えます。タイトルは検索エンジンにコンテンツの内容を知らせる役割を担うためです。

Googleは順位について明確な基準は示していませんが、重要とするポイントをいくつか挙げています。その中のひとつに、「titleでコンテンツの要素を分かりやすくするように」という文言が含まれているのです。実際にGoogleが挙げている要素は以下の通りです。

  1. Googleがページを検出できるよう手助けする
  2. Googleがページを理解できるよう手助けする
  3. 訪問者がページを利用しやすいよう手助けする

順位はそもそも検索エンジンのクローラーが巡回し、ページ内容を理解しないと反映はされません。そのためタイトル付けはコンテンツを作る上で非常に重要です。

タイトル(titleタグ)が重要な理由②|検索結果上でのCTR(クリック率)に大きな差が出る

検索結果上でのCTR(クリック率)に大きな差が出る

タイトル(titleタグ)は検索結果上のCTRを上げる要素としても重要です。またSEO対策だけでなく、サイト・ページへのアクセス数にも大きく影響します。

ユーザーは毎日、数多くのサイトを検索・閲覧しています。その中で、どうやってクリックするサイトを決めているのでしょうか。ユーザーはもちろん、「自分の疑問を解消してくれるページ」を探しているのですから、コンテンツ内容も重要です。

しかしいくらコンテンツ内容がよくても、タイトルに惹かれなければクリックはされません。ユーザーはクリック前に、「タイトル」と「ディスクリプション」でページを見るか否かを一瞬で判断しているのです。

いくらサイトが上位表示されても、タイトルとディスクリプションが魅力的でなければ、クリックには繋がりません。タイトルはまさにコンテンツの入り口であり、第一印象なのです。

タイトル(titleタグ)が重要な理由③|SNSの拡散にも大きな効果を発揮する

SNSの拡散にも大きな効果を発揮する

実はタイトルタグ(titleタグ)はSNSの拡散にも大きな効果を発揮します。今やSNS(ソーシャルネットワークサービス)のユーザー数は全世界で42億人を突破し、日本国内だけでも約8000万人が利用しています。

検索サイトの代わりにTwitterを開く人も少なく、今やSNSは情報を集める手段にもなっているのです。1つのコンテンツがSNSによって広く知れ渡るようになることも珍しくありません。

SNSの拡散によって多くの人の目に触れることで、自然とアクセス数も上がります。またGoogleのアルゴリズムにおいては、WEBサイトへのアクセス数が順位に影響するともいわれています。SEOの観点からも、タイトルの重要性がよくわかりますね。

さらにSNS拡散がコンテンツに与えるメリットはまだあります。SNSでの拡散は被リンクの獲得を自然と促すことに。

もちろんコンテンツの内容によりますが、多くの目に触れるほどに被リンクの獲得をしやすくなるでしょう。タイトルを付ける際は、ユーザーが思わずシェアしたくなるようなキャッチーさはもちろん、実際の見え方を意識するとよいでしょう。

プロ直伝!タイトル(titleタグ)の付け方とコツ

プロ直伝!タイトル(titleタグ)の付け方とコツ

「タイトルが重要なのは分かったけど、実際はどうやって付ければいいの」と悩みますよね。タイトル(titleタグ)は、誰でもできる10個のポイントをマスターすれば誰でも簡単に付けられるようになります。ここではタイトルを付ける上で重要なポイントを見ていきましょう。

タイトル(titleタグ)の付け方①|キーワードを詰め込み過ぎない

コンテンツを作る際、キーワードの設定を行います。キーワードをたくさん入れたほうが検索に引っ掛かりやすい気がしますが、詰め込み過ぎは逆効果になるのでやめましょう。

最悪の場合、Googleから「スパムの疑いがあり」とペナルティを受ける危険性もあります。キーワードはほどよく、違和感のない程度に留めるのが正解です。キーワードの重複は2つ程度までに押さえるのがよいでしょう。

アドタイムスタッフ

アドタイムスタッフ

タイトル(titleタグ)の付け方②|文字数は40文字程度に抑える

検索結果に表示される文字数には制限があります。あまり長いと後半が途切れてしまい、内容がユーザーに伝わりにくくなるため注意しましょう。目安は15文字から40文字程度です。またデスクトップとスマートフォンによっても、タイトルの見え方は異なります。

記事をアップしたら、パソコンだけでなく、スマホからも見え方を確認するとよいでしょう。もちろん文字数に強くこだわる必要はありません。内容が良ければ、ユーザーはクリックしたくなりますし、アクセス数アップも十分狙えます。

アドタイムスタッフ

アドタイムスタッフ

タイトル(titleタグ)の付け方③|コンテンツに関係のある内容にする

タイトルはコンテンツに関係のある内容にしましょう。極端な例ですが、タイトルに「おすすめリップベスト10」となっているのに内容が乳液の紹介では、ユーザーはガッカリします。もちろんユーザーがページを読むことはなく、多くの場合離脱してしまうでしょう。

タイトルは「クリックさえされれば何でもいい」わけではありません。コンテンツの魅力を15文字から40文字にしっかり詰め込んだものにしましょう。

アドタイムスタッフ

アドタイムスタッフ

タイトル(titleタグ)の付け方④|無意味な単語や言い回しは省く

タイトルの文字数には制限があります。文章は短くすっきりとさせ、不要な文言は極力省くようにしましょう。

アドタイムスタッフ

アドタイムスタッフ

タイトル(titleタグ)の付け方⑤|対策キーワードはなるべく前半に持ってくる

キーワードの位置に悩んだら、上位10位の記事タイトルを見てみましょう。ほぼ全てのサイトが対策キーワードを前半に持ってきていることが分かります。

対策キーワードはユーザーの目につきやすいよう、タイトルの前半に入れましょう。なるべく先頭付近に入れるのがおすすめです。

アドタイムスタッフ

アドタイムスタッフ

タイトル(titleタグ)の付け方⑥|タイトルに気になる文言を入れる

対策キーワードを入れたからと安心してはいけません。Google検索結果で多数のコンテンツの中から、ユーザーが「読みたい」と思う言い回しを考えなければなりません。

例えば【○○選】や【2021年最新版】【永久保存版】などキャッチーな表現を使い、ユーザーがつい気になってしまう工夫をしましょう。

アドタイムスタッフ

アドタイムスタッフ

タイトル(titleタグ)の付け方⑦|タイトルは文章にする

タイトルはキーワードの羅列ではなく、しっかりと文章にしましょう。例えば、「おすすめのリップ」の記事を書いたとしましょう。

タイトルに「おすすめのリップ10つ」と「【2021年最新版】おすすめのリップベスト10!プチプラからデパコスまで完全網羅」とあった場合、どちらをクリックするでしょうか。多くの人が、後者をクリックすると考えられます。

ページタイトルはコンテンツの内容を想像させる内容でなくてはいけません。キーワードを含みつつ、魅力的なタイトルになるよう、工夫してみましょう。

アドタイムスタッフ

アドタイムスタッフ

タイトル(titleタグ)の付け方⑧|釣り気味のタイトルは逆効果

コンテンツを見てもらうために、魅力的なタイトルを付けるのは大切です。しかし余りに大げさな、釣り気味のタイトルは避けましょう。

例えば「誰でも一瞬で英語がペラペラ!」というタイトルのコンテンツがあったとします。英語を楽に話したいユーザーは飛びつくでしょう。しかし内容がごく普通の勉強方法だったら…ユーザーの落胆は計り知れません。すぐに離脱してしまいます。

またネットに慣れたユーザーは煽るようなタイトルは、嘘であると認識しています。「一日○○分で月収100万円」といった方法を信じる人も今時は少ないでしょう。そのためクリックをする前から「嘘だ」と気付き、そもそもアクセスされない可能性があるのです。

アドタイムスタッフ

アドタイムスタッフ

タイトル(titleタグ)の付け方⑨|数字を使う

マーケティングにおいて数字の力は非常に強いことで知られています。数字は人に具体性は信ぴょう性を与える効果が!そのためなるべく使ったほうがよいでしょう。

例えば「大勢の人が試した○○美容法」と書くよりも、「30人が効果を実感した○○美容法」と書く方がクリック率は上がります。

「99%がリピーター」「85%の人が『また使いたい』と答えた」などレパートリーはたくさんあります。数字のマーケティングは通信販売のナレーションにもよく登場するので、時間がある人は見て研究してみましょう。

アドタイムスタッフ

アドタイムスタッフ

タイトル(titleタグ)の付け方⑩|上位サイトのタイトルを参考にする

タイトルに悩んだら、検索上位の記事を参考するのもおすすめです。もちろん完全に真似するのはNGです。

コピペはペナルティだけでなく、相手に訴えられる危険性もあるので注意しましょう。あくまでも「ニュアンスを真似る」程度に留めておくのがベストです。
上位表示された記事のよい要素を取り込みながら、オリジナリティのある記事を作成しましょう。

アドタイムスタッフ

アドタイムスタッフ

誰でもできる!3ステップで簡単にタイトル(titleタグ)作り

誰でもできる!3ステップで簡単にタイトル(titleタグ)作り

タイトルタグ(titleタグ)はユーザーにとって、大きな意味をもち、クリック数を左右する重要なものです。しかし「どうやって作ればいいの?」と悩みますよね。

難しそうに思えるタイトルタグ(titleタグ)ですが、コツを掴めば簡単に作れます。ここでは3ステップで簡単にタイトルタグ(titleタグ)を作る方法を見ていきましょう。

タイトル(titleタグ)作成方法①|上位表示されている記事のタイトルをよく読む

「文章が浮かんでこない」という人は、まず上位記事のタイトルをよく読みましょう。タイトルに含まれる単語や言い回しを知れば、大体の雰囲気が見えてきます。文章のリズム感やテンポまで掴めるとなおよいでしょう。

タイトル(titleタグ)作成方法②|ユーザーを意識した具体性の追加

タイトルには具体性を入れると、効果が倍増します。例えば「おいしい卵ごはんの作り方」について記事を作ったとしましょう。

卵ごはんが「料理初心者」や「時間のない人」に向けた記事であれば以下のように付け加えます。

  1. ① 忙しい人でも大丈夫!3分で作れる絶品卵ごはん
  2. ② 初心者必見!おいしい卵ごはんを簡単3ステップで

また「本格的な卵ごはんを求める人」向けの記事の場合、以下のようなタイトルはどうでしょうか。

  1. ①元・料理人が辿り着いた!こだわりの卵ごはんの作り方
  2. ②時間はかかるが、超美味しい!最高の卵ごはんの作りを公開

など様々なパターンが使えますね。同じ「おいしい卵ごはんの作り方」という題材でも、狙ったユーザーによってタイトルは変わってきます。タイトルには具体性のほか、読み手を意識した文言を入れるのもポイントです。

タイトル(titleタグ)作成方法③|言葉はシンプルにする

長々とした文章はタイトルとして不向きです。そのためタイトルはひと目で内容が理解できる内容にしましょう。

特に決まりはありませんが、初心者の場合、「忙しい人でも大丈夫!3分で作れる絶品卵ごはん」といったタイトルがつけやすいでしょう。一度「!」や「!?」などで文章を区切り、2段階にするのがおすすめです。

【事例と解説付き!】クリック率を爆上げするタイトル(titleタグ)例

【事例と解説付き!】クリック率を爆上げするタイトル(titleタグ)例

「サイトのアクセス数がなかなか上がらない…」「コンテンツには自信があるのに…」といった悩み、もしかしたらタイトルが原因かもしれません!

実はタイトルを変えただけでクリック率が爆上がりした事例があるんです。ここでは実際の事例をみつつ、理由を解説します。

ケース①|数値で信ぴょう性を出し、他サイトとの差別化が成功した例

人は心理的にざっくりとした抽象的なものよりも、具体性を好む傾向にあります。そのためタイトルには数字を盛り込んでみましょう。例えば、以下のタイトルはどちらが魅力的に見えるでしょうか。

  1. (変更前)女子会にぴったりなレストラン・プラン特集
  2. (変更後)ハズレなし!女子会にぴったりなレストラン・プラン10選

変更前でも意味は通じますが、変更後のほうがより惹かれると感じませんか?具体的な数値を組み込むと、ユーザーが内容をイメージしやすい、魅力的なタイトルになります。
ちなみに上記のタイトルでは以下の結果が出ました。

クリック数 表示回数 CTR
変更前 18 308 5.84%
変更後 34 324 10.49%
変更対比 1.9倍UP 1.05倍UP 1.8倍UP

その他、数字を使った事例を見ていきましょう。

  1. (変更前)乾燥肌の人におすすめしたい化粧品を紹介
  2. (変更後)口コミ★4以上!乾燥肌の人がすすめる本当に効果のある化粧水

どちらも「乾燥肌の人向け」の記事である点は同じです。しかし、変更前は単純にすすめる内容しか書いていません。

しかし変更後は「何故すすめるのか?=★4以上だから」と明確な根拠まで具体的に書かれています。
ちなみに上記の場合は以下の結果となりました。

クリック数 表示回数 CTR
変更前 56 839 6.67%
変更後 136 1326 10.25%
変更対比 2.4倍UP 1.5倍UP 1.5倍UP

タイトルは数値を入れるだけで、大きく印象が変わってきます。正確なデータがある場合は、是非使ってみましょう。ただし大げさな表現はかえって信ぴょう性が低くなるので注意しましょう。

ケース②|ユーザーに疑問を投げかける形にし、アクセス数がアップした例

人は分からないことは知りたくなる心理を持っています。例えば、ドラマがいいところで「次回につづく」となった時。どうしても続きが気になってしまいますよね。

多くの人が来週も見るのではないでしょうか。コンテンツも同じです。ユーザーが「続きが気になる」と感じるタイトルをつけ、クリックに繋げましょう。具体例は以下の通りです。

  1. (変更前)新作iPhoneは公式サイトで買うと一番安い!具体的な方法を解説
  2. (変更後)新作iPhoneを一番安く手に入れる方法とは?購入の手順を徹底解説

ユーザーは新作iPhoneを格安で買うのが目的で検索をしています。そこでもし、「新作iPhoneは公式サイトで買うと一番安い!」なんてタイトルを検索画面で目にしたらどうでしょうか。

恐らく「公式サイトが安いのか」と感じ、そのまま公式サイトへジャンプしてしまいます。もちろんコンテンツが読まれることはありません。タイトルだけで情報を与えてしまい、なんだかをした気持ちになってしまいますよね。

一方、「新作iPhoneを一番安く手に入れる方法とは?」と疑問形にするとどうでしょうか。まさにユーザーが現在抱えている疑問とぴったりマッチします。

そのためタイトルをクリックし、コンテンツを読み始めるでしょう。ポイントはタイトルで全て答えを与えないことにあります。少し疑問を残すと、ユーザーは続きが気になって、つい読みたくなるでしょう。

上記の変更を加えた結果、数値は以下のように改善されました。

クリック数 表示回数 CTR
変更前 26 532 4.88%
変更後 51 832 6.12%
変更対比 1.96倍UP 1.56倍UP 1.25倍UP

ケース③|ユーザーの意表を突き、思わずクリックせざるを得ない状況に持っていく例

ユーザーの意表を突き、思わずクリックせざるを得ない状況に持っていく例

誰もが思わず「え!?」と聞き返したり、二度見してしまうインパクトの強いタイトルにする方法です。ユーザーにはそれぞれ、自分なりの固定観念や常識があります。それを覆すような情報に出会った時、人はさらに内容を知りたくなるのです。次はユーザーの意表を突き、大きくアクセス数を伸ばしたタイトル例です。

  1. (変更前)女性におすすめ!効果的なダイエットの方法を解説します
  2. (変更後)ダイエットには週に1回の肉が効く!効果を実証

多くの人が「肉は太る」と認識しています。そのためダイエット中に肉を避ける人も少なくありません。また肉が好きなのにダイエットのため、無理に我慢している人も多いでしょう。

しかし実際は脂質の多い「バラ肉」を避け、「モモ」や「ヒレ」を少し食べる分には問題ありません。もし「ダイエットに肉は一切ダメ!」と思っている人が、「週に1回なら肉を食べてもいい」と言われたら…間違いなく、クリックして記事を読みますよね。

このようにユーザーの意表を突き、「なるほど」「知らなかった」を思わせればこちらの勝ちです。大きなアクセスアップが見込めるでしょう。
ちなみに上記の変更を加えた結果、かなりアクセスが伸びました。

クリック数 表示回数 CTR
変更前 57 1123 5.07%
変更後 145 1548 9.36%
変更対比 2.54倍UP 1.37倍UP 1.84倍UP

タイトルはコンテンツの顔です。そのため少しの工夫とインパクトでアクセスが大きく伸びることも。もしアクセスが伸び悩んだら、リライトより先にまずはタイトルを変えてみてください。

タイトル(titleタグ)にまつわる素朴な疑問を解決しよう

タイトル(titleタグ)にまつわる素朴な疑問を解決しよう

タイトルは基本、自由に付けてかまいません。しかし「どのタイミングで変更すれはいいの?」「特殊文字は使っていいの」などまだまだ疑問はたくさんありますよね。ここではタイトルタグ(titleタグ)にまつわる疑問を全て解決しておきましょう。

Q1.成果が出ない場合、何度もタイトルタグ(titleタグ)を変えてもいいの?

タイトルを変えることで、順位が上昇し、アクセスアップが期待できます。しかし逆に順位が下がってしまう可能性もゼロではないため、頻繁に変更するのは避けましょう。

十分にアクセスのあるページはタイトル変更を避けます。狙ったキーワードで思うような順位が出ないページや、クリック率の低いページを中心に行いましょう。

アドタイムスタッフ

アドタイムスタッフ

Q2.タイトルに特殊文字を含めてもいいの?

特殊文字は扱いに困る部分ですが、タイトルに含めても問題はありません。検索結果にも問題なく表示されます。ただし並べすぎると見にくくなるので適度に抑えましょう。

またスマホではまた見え方が異なりますし、文字化けする可能性もゼロではありません。あまりに特殊な記号や意味がわかない記号は使わず、誰もが分かるタイトルにしましょう。

アドタイムスタッフ

アドタイムスタッフ

Q3.複数のキーワードを対策したい場合はどうすればいいの?

極力、一つのコンテンツに一つのキーワードで絞りましょう。たくさんのキーワードを詰め込み過ぎると、検索意図にブレが生じる危険性があります。

結果として検索エンジンが意図を上手く汲み取れず、全てのキーワードで上位表示されない可能性が。複数のキーワードを対策したい時は、各キーワードに沿ったコンテンツを作るのがおすすめです。

アドタイムスタッフ

アドタイムスタッフ

サイトのタイトル(titleタグ)の付け方に悩んだら、WEB集客のプロのアドタイムへ

  1. サイトを運営しているけど、アクセスがいまいち伸びない…
  2. インパクトのあるタイトルで目を引きたい
  3. タイトル…このままでいいのかな

などコンテンツのタイトル付けに悩んでいませんか。タイトルは単純なようですが、ユーザーが最初に目にする場所です、できるだけこだわりたいですよね。

サイトのタイトル(titleタグ)の付け方に悩んだら、WEB集客のプロのアドタイムへ

もし「コンテンツに自信があるのに、サイトが伸びない」と思ったら、タイトルが原因かもしれません。

アドタイムではアクセスが伸びるタイトル作りをサポート。当社は普段から多くのサイトを目にしているため、「伸びるタイトル・伸びないタイトル」を熟知しています。当社にはWEB集客の知識や経験を持った、ライター・ディレクター・マーケター・コーダーが在籍。

お客様が運営するサイトの改善点をしっかりと把握し、的確なアドバイスをいたします。
当社は創業14年。他社を圧倒する実績で顧客継続率95%を達成しました。アドタイムを初めてご利用いただくお客様の93%は紹介です。

これからも「自信を持っておすすめできる総合広告代理店」を目指し、邁進していきます。
WEB集客に関する疑問はアドタイムにお任せください。お客様にご納得頂ける結果を約束します。

おススメ!関連するコラム